basic logo white logo

PlayCoin FAQ

1. PLYが PLXに再上場する理由は何ですか?
既存のPlayCoinの限界だった収益性をアライアンスの形で収益性を増大させるための再調整が必要となったため、PLXとしてリブランディングし、再上場することになりました。
2. PLX はERC20ベースですか?
PLXはERC20ベースで開発されました
3. PLXにスワップするにはどこでできますか?
上場済みの取引所で保管するだけで自動スワップになります。他のスワップ方法は追ってお知らせ致します。
4. PLYが上場している取引所はどうなりますか?
PLXが上場する時点で自動にPLYの取引は終了になります
5. PLY → PLX スワップ方法を教えてください
上場済みの取引所でPLY(ERC)保管するだけで自動スワップになります。フリーウォレットに保管されている場合は(例:Qbaoなど)個別にお問い合わせから対応いたします。これいついては追ってお知らせいたします。
6. PLY(ERC)も焼却されますか? PLY → PLX期限はありますか?
PLYをPLXにスワップする期限についてはまだ予定しておりません。ちなみにPLY(ERC20)はPLXにスワップ完了しましたら焼却致します。
7. ビジネスモデルを変更して発展させることに、コインの再発行は必要ですか?
alliance(戦略提携関係)の形でスタートするプロジェクトとして、複数の会社の売上や事業性を担保に、取引高を極限まで増大させることができる仕組みです。様々なビジネスとの連携の巨大プロジェクトには新しいスマートコントラクトを持つニューコインが必要となりました。
8. PLAYCOIN CRYPTO ALLIANCEとはどんなプロジェクトですか?
収益性と事業持続性を目的とした、良質のプロジェクトを集めたアライアンス式ビジネスです。連合構造の参加プロジェクト(会社)から収益の一部をBUY BACK(PLXを買収してもらう)そこから発生するPLXの収益をホルダー様にある期間ごとに配当をしていく、WINWIN関係の次世代的なプランになります。参加プロジェクトの収益が低くなったら、そのプロジェクトだけをアライアンス連合から外し、今の時代に沿った収益性の高いプロジェクト(会社)を入れ替えるシステムです。現在は売上高が右上がりのcoinfarm.online、Lifepharm、フィリピン(CEZA)ライセンス、ECコマース、YOU TUBE連携動画コンテンツ事業などが参加チームとして入っており、今後3つ~4つのプロジェクトが予定されております。
9. PLXアライアンス(PLX Alliance)と以前あったフレコインアライアンスと何が違いますか?
以前のプレイコインアライアンスはゲーム分野に焦点を合わせたことに比べ、今回新しくスタートするPLXクリプトアライアンスはゲームのみならず、様々な分野において収益性や効率性を目指している良質のプロジェクトが集まったアライアンスです。
10. 従来のプレイコインの発行量が10億枚でしたが、PLXは100億枚もあります。既存のホルダーにとって損はないですか?
全体的なアライアンスの予想価値から考えますと、既存のPLYホルダー様はむしろ得になるようなトークンエコノミ設計です。1次的にすべてのPLYホルダー様は1:1の割合のPLXを受けるようになり、追加で200%に該当するボーナス分は20ヵ月に分けた月均等補償で受けることになります。2020年上半期を予定しておりアライアンスプロジェクト(連合会社)からのPLX買収とホルダー様のステイキング(売却せずに持っていること)からPLX価値は自然に保たれることになります。またガラス張り運営のウォレットの公開などを実施し、従来のPLYホルダー様はもちろん、新規PLXホルダー様も利益を増大させることが可能になります。またガラス張り運営のウォレットの公開などを実施し、従来のPLYホルダー様はもちろん、新規PLXホルダー様も利益を増大させることが可能になります。
11. 既存のホルダーに対する補償方法はどうなりますか。
10番の項目の回答の通りPLXの再上場時、すぐ1:1の割合にスワップされ総額20億PLXのエアードロップを毎月PLXの保有比率によって20ヵ月にわたって付与致します。 計20億個相応のエアードロップを20ヵ月間、毎月1億個を全体ホルダー保有量対比“私の保有数量”割合によって割り当てます。取引所に保管されている残高の分だけ付与されます。これはPLXの生態系や流通量調整と価格の防衛のためなのでご理解お願い致します。
12. 補償はどうやって受けるのですか。
上場済みの取引所ではスワップ完了した時点から毎月決まった日に自動的にホルダー様の取引所のウォレットに付与いたします。フリーウォレットに関しては別途告知を通じてご案内いたします。
13. コイン数が10倍も増えましたが、コイン価値の防御対策はありますか?
アライアンスのプロジェクトの予想価値を考えますと、コイン数が10倍が増えても、これを上回る価値を潜んでいます。それにロックアップを2~3年としてかけておくので、実際に流通される数字は、極限に少ないので値崩れになりません。
14. PLXアライアンス内のプロジェクトは進行中のプロジェクトでしょうか。
進行中のものやこれから予定されているプロジェクトがあります。 詳しい日程はこれから発表される公式チャンネルをご覧ください。
15. PLXアライアンス内のプロジェクトの収益のことはどこから分かりますか?
各プロジェクトごとに公式チャンネルを通じて詳細のことを告知する予定です。
16. アライアンスに入るためのプロジェクトのバリュエーション基準はどうなりますか。
“現在、収益を出している会社の場合は実際の価値評価資料をもとに審査します。 しかし、これから予定するベンチャー的なプロジェクトを持つ会社の場合は、市場規模の予測値に従って客観的なバリュエーションを定めて審査します。”
17. PLXの循環構造について説明をしてください。
“1.・アライアンス内のプロジェクトから発生される収益の20%を定期的にPLXのBUY BACKの資金に回します。 2.、新規にアライアンスに進入するプロジェクがトークン(プロジェクト会社独自コイン)を発行を希望する場合、PLXを使ってクラウドファンド的に参加可能です。*PLXから独自コインへスワップ 3.大型取引所に上場できないプロジェクト会社独自コインとの換金連携が可能になります。この3つの案を通じて、持続的にPLXの需要を供給より高めていく計画であり、持続的な価格上昇を維持させていただきます。”
18. PLX → プロジェクト会社独自コインの一方向のSwapということが意味が分かりません
プロジェクト会社独自コインのままでは取引所に上場できない状況であったり、会社独自のプラットフォーム内で使われる決済用コインであったりなど、PLXから該当の会社コインへスワップさせることで、会社の独自コインと取引所間のパイプ役割を果たせます。
19. 今後、アライアンスビジネスの収益で20%BUY BACKされるPLXは焼却しますか?
証券型トークンに分類される恐れもあり、上場された取引所の方針に反しない範囲の中で焼却に似た効果を出す永久ロックあるいは別の方法で焼却効果を出す予定です。
20. PLYは上場後に一度も価格が上がったことがなく1/100になってしまいましたが、どう賠償してくれるのですか?
今まで待っていただいたホルダー様に持続的な収益を戻すために、綿密な計画及び設計を検討し、今回のアライアンスを発足したものです。収益性及び効率性を最も重視しただけに、今回のスワップを通じて200%賠償のみならず、価格の上昇をもたらす新しいプロジェクトをアライアンス参加に入れていく方針です。
21. アライアンス進入する新規プロジェクトについてホルダーたちの意見も反映されることはありますか。
追ってホルダー様の投票もしくは多様な方式の新規プロジェクト選定案を企画しております。また告知までお待ちください。
22. トークンディストリビューションを見ると、ほとんどの項目がかなりのロックアップ期間で縛られるになっていますが、ロックアップ解除のアラーム別途告知はしてくれるんですか?
特に別途告知は予定されておりません。
23. ロックアップになっても従来のPLYの発行数の10億枚はそのまま流通になる構造だが、手始めの流通数を明示してください。
現在市場に流通しているPLYが全部スワップになったと仮定すると、その分の数は流通になると思います。
24. フレコイン・クリプトアライアンスはどんなビジョンがありますか?
PLXは事業の拡張と変更、スピンオフが可能なビジネスモデルです。成功したクリプトプロジェクトをエクセレーティング(育成)し、独立した生態系が可能になれば独立することとなります。PLXはその独立コイン事業の利益を受けながら、より大きなクリプト エコノミーに進むことができます。